自由律俳句レポート⑤ 2017年11月18日

朝9時ころ。早めに来館された西川先生と「桃鉄」をする。ファミコン特有のバグにより強制終了。

前回の句会の振り返りから始まる。のち、西川先生より尾崎放哉賞の話。ぜひ出品してみてくださいとのこと。

今日はひとり2句作る、プロジェクターで句を映し出し気に入った句を選び投票。その後それぞれの選句した理由を発表。

① 空箱にみっちり詰まる冬の猫(谷田) 3票

 

② テツガクの館に増殖する恐竜(瀬野)

③ 猫は滑り込みセーフ私はアウト(瀬野) 1票

④ ここで足を停めた人の一人になってかえで(葉波) 2票

⑤ 一年生酔い止めドロップうれしそう(大布団) 1票

⑥ 萩群の騒々しきまでに枯るる(谷田) 1票

⑦ 壊れた橋と鷺の親子(大布団) 1票

⑧ 靴うらに山の土ついて里(葉波) 2票

⑨ 芋いもイモとつづく食卓(阿辻)

⑩ 重鎮白菜(用務員) 4票

⑪ わかれであい流転(阿辻)

⑫ 熱燗の話ばかり(用務員) 2票